Google

 透明性レポート

他の IT 企業や通信企業と同様に、Google ではユーザーに関するデータの提供を求めるリクエストを世界中の政府や裁判所から定期的に受け取っています。このレポートでは、一定の制限付きで各国政府から受け取った半期ごとのリクエスト数を開示しています。Google サービスの使用は年々増加しているため、ユーザーに関するデータのリクエスト数も増加しています。

Google では、情報を整理する新しい方法を常に模索しており、より詳細なデータ提供できるよう継続的に取り組んでいます。たとえば 2010 年 7 月~12 月のレポート対象期間以降は、Google がユーザー データのリクエストを全面的または部分的に応諾した割合に関する情報の開示を開始しました。2011 年 1 月~6 月のレポート対象期間からは、データのリクエストの対象となったユーザーまたはアカウントの数に関する情報の開示を開始しています。

法的な手続きに関するよくある質問では、Google がユーザーに関するデータのリクエストを受け取ったときにいかにユーザーを最優先することを目指しているかについての情報を提供しています。ユーザーに関するデータの開示に関係する法律および重要と見なすそれらの法律の改正について詳しくは、http://digitaldueprocess.org/ をご覧ください。このレポートにより、世界中でユーザーに関するデータを求める政府によるリクエストの適切な狙いと権限に光が当たることを願っています。

読み込んでいます...

ここに示す数値は、Google が報告している全リクエスト数の累計を示しています。